箱根ターンパイクから箱根駅伝往路ゴール地点・箱根駅伝ミュージアムまで走ってみました

山道最速王決定戦 2017@箱根ターンパイク終了後。せっかく箱根の山に登ったのですから、箱根の”あの場所”に行って見なければ…。

ターンパイクから芦ノ湖へ向け下る

山道最速王決定戦 2017@箱根ターンパイクのゴール地点、シャトルバス待ちの大勢の参加者を横目にみながら、MAZDAスカイラウンジを後にして一般道へ。

標高差981m、距離にして13.6kmを走ってきたばかりですが、ここから芦ノ湖畔まで5km走る!

ここから箱根まではずっと下りということは下調べ済み。ぜんぜん余裕だろうという気持ちでスタート。

“箱根ターンパイクから箱根駅伝往路ゴール地点・箱根駅伝ミュージアムまで走ってみました” の続きを読む

山道最速王決定戦 2017@箱根ターンパイク

箱根の山登りランに挑戦!初開催された「山道最速王決定戦 2017@箱根ターンパイク」に参加してきました!

山道最速王決定戦 2017@箱根ターンパイク 基本情報

開催日時:2017年03月19日(日)
開催地:MAZDAターンパイク箱根(神奈川県小田原市~湯河原町~箱根町)
種目:ロードレースの部(13.6km)。ミニ駅伝も有り
定員:6000人(ロードレースの部)
参加者:1600人(ロードレースの部)
制限時間:3時間(ロードレースの部)
参加費:6500円(ロードレースの部)
天候:晴れ
コースマップ(ハーフ)

小田原から箱根への山登り

ランナーにとっての箱根といえば箱根駅伝
山登りの5区が特に有名ですね。

テレビで駅伝中継を見てて、険しい坂を登るコースを自分でもちょっと走ってみたいなー、なんて思っておりました。

そんな思いがついに実現!?

箱根駅伝のコースとは違う

小田原から箱根へ向かうにはいくつか道があります。

  • 箱根駅伝のコースは「東海道・国道1号線」
  • 昔の箱根越えの道「箱根旧街道」
  • 国道一号線のバイパス「箱根新道」
  • 観光有料道路「箱根ターンパイク」

今回大会が開催されたのは箱根ターンパイクです。

箱根駅伝のコースを走ってみたいけど、そちらは交通量が多いからロードレースの開催は、ほぼ無理。

だから「箱根ターンパイク」での開催としたのかなー、と私は推測しております。

 

箱根ターンパイクとは

箱根ターンパイクは昭和40年頃開通した観光有料道路

一般の会社が運営している私道で、ネーミングライツが使われてて、現在の正式名称はMAZDA ターンパイク箱根

 

箱根ターンパイクは車好きにとって聖地みたいなところであって、自動車雑誌の試乗や、写真の撮影でよくつかわれていたり、

アニメ「頭文字D」などでも舞台として出てきてました。

 

今回の「山道最速王決定戦 2017@箱根ターンパイク」は、その箱根ターンパイクを貸し切って行った大会です。

箱根ターンパイクは歩行者は立入禁止ですので、「普段は走れない場所を走れる」ことができるという意味で貴重なイベントです。

 

実は箱根駅伝のコースよりも大変

今回のコースは、箱根ターンパイクの料金所から箱根の外輪山の一つである大観山頂付近にあるMAZDAスカイラウンジまで、総距離13.6km、標高差981m、平均勾配7%

箱根駅伝の5区の登りの部分は標高差860m平均勾配6%ぐらい

なんと、今回の箱根ターンパイクの方が激坂なのです。

 

山道最速王決定戦2017会場へ

小田原城からターンパイクを眺める

大会当日小田原へ。12時スタート(実際には10分遅れた)で、遅めのスタート時間なので、まず小田原観光。

小田原の観光スポットといえば、小田原城


小田原城天守閣を登ってみました。

小田原城から南西方向、この写真の真ん中ちょっと左側に見える山「大観山」山頂まで箱根ターンパイクは続いています。

あんなに先まで走るのか~と思うと、ちょっとうんざりする景色でした。

ちなみに手前の丘あたりに石垣山一夜城跡が有ります。

石垣山一夜城とは、豊臣秀吉が小田原の北条氏を包囲し、その本陣として築いた城のこと。一夜にして突如現れたようにみえたので「一夜城」。

 

小田原厄よけ魚籃大観音へ寄り道

小田原城を後にして、会場まで徒步で。会場近くに知る人ぞ知る観光スポットがあるということで観にいきました。


それがこれ「小田原厄よけ魚籃大観音」。東海道新幹線の線路のすぐ脇にある観音様。

高さ13m。新幹線の車窓から見える巨大な観音様を見て気になる人も多いようです。

観音様が持っているカゴからは魚の尻尾が見えます。小田原の漁業、かまぼこなどの海産物加工業の繁栄を見守っているようです。

 

受付会場は小田原市立早川小学校


寄り道しながら小田原市立早川小学校へ11時過ぎに到着。グランドの端で受付がされてました。

 

山道最速王決定戦2017受付


この大会は事前になにも郵送無し。

ゼッケン引き換え書をプリントアウトし、手描きで個人情報を記入し持参。それと交換にゼッケン、参加賞のタオルを受取。パンフレットも無し。

大会事務局の期待ほど参加者が集まらず(定員6000人のはずが、参加者1400人程度)、当日受付もされてたくらいです。

 

山道最速王決定戦2017スタートまで

小田原市立早川小学校で受付、ゴール地点まで送る荷物をトラックに預けたあとは、スタートラインまで歩く。

ターンパイクへ


小田原市立早川小学校から歩いて数分で、ターンパイク入り口へ。

ここからターンパイクへ登る。

登ったところが料金所。この先がスタートラインでした。

スタートまでまだ時間があるのでウォームアップ。料金所から接続する西湘バイパスまでは貸切状態だったので、ここを往復。

山道最速王決定戦2017開会式

12時前、開会式。司会はFMヨコハマのDJの方。ゲストランナー、ものまねアスリート芸人M高史さんによる準備体操や、ゲストのウルトラトレイルランナー鏑木毅さんと、2015年箱根駅伝5区で区間新記録を打ち立てた、三代目山の神神野大地さんのトークなどが有りました。

 

山道最速王決定戦2017スタート

12時10分スタート。私はほぼ最後尾からスタートしました。真ん前一直線に伸びる登り坂を大勢の人が駆け上る。

“山道最速王決定戦 2017@箱根ターンパイク” の続きを読む