07 埼玉のマラソン 出走記

第27回幸手市さくらマラソン大会を走ってきました。その感想など。


桜のアーチがすばらしい!関東随一の桜の名所「権現堂桜堤」を走る幸手市さくらマラソンに出場してきました。

第27回幸手市さくらマラソン大会の情報

開催日:2018年04月01日(日)
開催地:埼玉県幸手市
種目:10マイル(約16km)。2km、3kmも有。
参加費:3,500円(10マイル)
定員:3,500人(10マイル・先着順)
天候:晴れ 気温15~20度ぐらい

第27回幸手市さくらマラソン大会のコース

大会会場の幸手総合公園へ

幸手(さって)市は埼玉県の北東の位置にある市。幸手市の東は千葉県、北には茨城県。交通アクセスとしては東武日光線の幸手駅。車だと圏央道の幸手インター。

電車を2回乗り換えて幸手駅下車。会場は駅から3.5kmほど東にある幸手総合公園。駅から会場まではシャトルバスが出てました。駅前ロータリーは参加者で大行列でしたが、シャトルバスの台数が多かったので比較的スムーズに乗車。


シャトルバスは会場から離れたところで下車。数百メートル歩いて会場へ。

幸手総合公園、およびその周辺の工業団地の桜並木がすごい。このあたりだけでもお花見気分を十分に満喫。

今年は桜の開花が早かったので心配してたのですが、満開をちょっとすぎて花びらが散り始めた頃合で、ちょうどいい具合の桜でした。


ゼッケンは事前送付されておりましたので、着替えてスタート時刻を待つ。開会式ではゲストランナー川内優輝さんの挨拶もあったようです。

開会式後に準備体操有。おどろいたことに幸手市オリジナルの「幸手市民体操」というものでした。

サッテ サテ サッテ サテ 何の手だ

明日をつかむ 幸せの手だ♪

幸手市さくらマラソン 10マイルの部スタート

10マイルの部スタート地点は、幸手総合公園の西の市道。ここは500mほど先のほうまで桜のアーチが続いている。

スタートは事前申告タイム順にエリア分け。私は前から2番目のBエリア(予想タイム60~70分)のところに並ぶ。

自分で申し込み時に目標時間を入力したはずですが忘れてた。。こんな前に並ぶとは思ってなかったです。16kmを70分以内はけっこう大変だ。

花見気分でゆっくり走ろうと思ってたのだけど、せっかく前のほうからスタートなので70分以内でゴールできるように頑張ろうと決意する。

 

9時ぴったりに10マイルの部スタート。スタート地点からはずーっと西へ進む。

スタート地点から数百メートル続く桜並木を過ぎたあとも、ところどころ桜が咲いているところを通る。上の写真の桜はソメイヨシノとは違った感じの桜。

菜の花とか、スイセンとかさまざまな花が咲いてました。上の写真は水神社。舟運の盛んだったこの地で船頭さんたちが信仰した「あんばさま」を祀ったもののようです。

権現堂桜堤の桜のトンネルを走る

スタートから2kmほどで、今大会のメインスポット「権現堂桜堤」へ。もともとは利根川支流の権現堂川の堤防として築かれた堤。徳川幕府の河川改修の結果、堤防として役割はほとんどなくなったものの、桜が植えられ桜の名所となったとのこと。

権現堂桜堤」は1kmほどにわたって桜並木が続く。1000本のソメイヨシノが並ぶ様は素晴らしい。さすが関東随一の桜の名所です。

本当に桜のトンネルのように桜に囲まれる中をまっすぐ走る。

権現堂調整池=行幸湖(みゆきこ)の桜

権現堂桜堤」を過ぎた後も桜並木は続く。「権現堂桜堤」の北にある権現堂調整池=行幸湖(みゆきこ)の周りを走る。ここもずらーっと桜並木が続ききれいでした。

途中でゲストランナーの気象予報士平井信行さんを追い抜く。NHKの天気予報に出ている方だそうですが、富士登山競争山頂コース10回も完走しているのだとか。すごい。尊敬する。

気象予報士といえば石原良純氏を横浜マラソンで追い抜いたことのことを思い出しましたが、石原氏とは違って平井さんは挨拶したらさわやかに応えてもらえたので好印象。

 

行幸湖(みゆきこ)周回を終えて、橋を渡り権現堂堤のほうへ戻る。

復路は権現堂堤の北の道を通る。菜の花畑越しに桜並木を見る。菜の花は時期が遅れだったのか期待したほどは咲いてませんでしたけど、黄色と薄ピンクの対比がキレイ。

幸手総合公園周辺の桜並木

権現堂堤から会場まで戻ってきました。だいたいスタートから9km地点です。このあたりもずーっと桜のトンネルが続く。桜が好きなのでテンション上がる。ランニングのペースも私としては快調で、4分20秒/kmをずーっとキープ。

コースは幸手総合公園を通り過ぎて、桜並木を外れて東南の方へ。幸手の田園地帯を走り、菜の花の咲く川沿いを走ってから折り返し。

だいたい14km過ぎの地点。宇和田公園という公園脇をとおり、西へ一直線に会場まで戻る。

会場の幸手総合公園までずーっと桜並木が続く。たぶん全長では2kmぐらい桜並木が続いているはず。

幸手市さくらマラソン大会ゴール

幸手総合公園の競技場でゴール。タイムは何とか目標の70分を切れました。

ちなみに一番速かったのはゲストランナーの川内優輝さんで49分台。私より20分も速い。

幸手市さくらマラソン大会参加賞

ゴール後に参加賞をもらいました。幸手市のゆるキャラ「さっちゃん」の書かれたタオル。「さっちゃん」は"桜と菜の花の妖精"。

埼玉マラソングランドスラム副賞

埼玉マラソングランドスラムの副賞もいただきました。過去の大会の参加賞一式と絵葉書でした。在庫処分?という気もしないでもなかったですが実用品なのでありがたい。

 

幸手市さくらマラソン大会の感想

この大会はやっぱり桜が本当に素晴らしい。関東一の桜スポット権現堂堤を走ることができるというのもいいし、その他のところでもコースのあちらこちらで花が咲いていた。

ことしは晴れたのもよかったし、桜が満開をちょっとすぎて花吹雪が見られたのもよかった。

運営面も問題なくとてもいい大会だと思います。強くおススメしたい。

-07 埼玉のマラソン 出走記
-, ,