まとめ・日記・雑記

第28回所沢シティマラソン大会 面倒になって出走しませんでした…


「第28回所沢シティマラソン大会」参加予定でしたが、所沢に向う途中でやる気なくなって出場するの止めてしまいました。

第28回所沢シティマラソン大会の情報

開催日:2017年12月03日(日)
開催地:埼玉県所沢市
種目:ハーフ、5km、3km(小中学生のみ)、ファミリー
申込者数:3,403人(ハーフ。全体では7,323人)
参加費:5,000円(ハーフ 手数料等別)
制限時間:2時間25分(ハーフ)

ハーフコース動画

メットライフドーム(西武ドーム)が会場。所沢市の西部をぐるり周る大会です。

狭山丘陵とその谷にあたるところを走る大会なのでアップダウンが多い。最大高低差は70m位ある。

「シティマラソン」と名前についているけど、コースに「シティ」っぽいところはない。

狭山湖畔の道を走るみたいですが、あまり景色はよくないみたい。

所沢は日本初の飛行場があったところなので、「ひこーきまらそん」の別名もあるけれど、その日本初の飛行場跡である航空公園はまったく通らないコース設定。

なんだかなー。

 

第28回所沢シティマラソン大会はゼッケン事前送付

第28回所沢シティマラソン大会は、ゼッケン、計測チップは事前送付。

面白いのはゼッケンがシールだったこと。会場がメットライフドーム(西武ドーム)で、人工芝に安全ピンを落としたらすぐに見つけづらいという理由で安全ピン使用禁止なのだと思います。

Tシャツにゼッケン、シューズに計測タグもつけて、家を出て会場に向ったのですが…

 

人身事故で電車遅延&痛恨の電車乗り間違い

会場に向ってたら、日曜の早朝だというのに人身事故でJRが止まる。悲しいけど、私がよく使うJR某線が人身事故で止るのはよくあること。

で、気を取り直して別の路線で所沢に行こうと思ったら、ぼーっとしてて反対方向の電車に乗り間違える…ということがあって、だいぶ遅れる。

もしかするとスタート時刻に間に合うかも?という感じもあったのだけど、先週の「石和・春日居温泉郷富士山眺望トレイルラン」の疲労もまだ足に残ってたせいもあり、走る気が一気になくなってしまいました。

でも、参加賞ももらいたかったし、西武ドームや狭山湖、多摩湖を見物したいという気持ちがあったので、会場には向う。

 

スタート3分前に会場到着

大会会場の最寄り駅、西武狭山線の「西武球場駅」に8時42分着。ハーフのスタートが8時45分なので3分前でした。

メットライフドームは駅のすぐそばだし、ゼッケン&計測タグは装着済みなので、この時刻でも実は最後尾からならスタート間に合いました。

ちょっとだけ走りたい気持ちはまだあったのですけど、やっぱりやめる。


8時45分、ハーフの部スタート。メットライフドームからたくさんの人たちが走り出してきた。


西武球場前駅を過ぎる選手たち。

第28回所沢シティマラソン大会 記念品


ハーフの選手たちを見送ったあと、受付で参加賞をもらう。

参加賞はタオル&ウォーキングポーチ、ソイジョイクリスピー。

メットライフドームの様子


所沢市のキャラクター「トコろん」&埼玉県のキャラクター「コバトン」の撮影会がありました。


外野席レフトスタンドがマラソン参加者の控え室代わりに開放されてました。マラソンのスタート&ゴールはグラウンドから。

ドーム球場だけど壁が無いので寒い。屋根があるだけましな感じはありましたけど。

西武ドームのフィールドに立てただけでとりあえずは満足して会場をあとにしました。

狭山湖&多摩湖を見て帰る


西武ドームをあとにして、近くの狭山湖&多摩湖を軽くジョギング。まずは狭山湖。湖畔の色づいた木々がきれい。遠くに奥多摩あたりの山々も見える。


こちらは多摩湖。

所沢マラソンのコースじゃないのに給水場があったり、ゼッケンを付けて走ってる人たちがいたので不思議に思ってたのですが、当日は多摩湖月例マラソンという草マラソン大会が多摩湖を周回するコースで開催されていたのでした。こっちのほうが所沢マラソンのコースより楽しそう。都合があれば参加してみようかな。

-まとめ・日記・雑記
-,